【出展者追加募集】新しい展示会の形を考えました。「登竜門コース」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【出展者追加募集】新しい展示会の形を考えました。「登竜門コース」

5月に行われる展示会大日本市は、これまでの展示・接客という商談方法に留まらず、メディア発信や消費者向けECと連携した、複合的なプロモーションを目指しています。

コロナウイルスの影響もあり、各産地から出展したいけれども、現地に行けないというお声を頂いておりました。

これから展示会の新しい形を目指す大日本市では、今回展示会に来なくても、出店ができる方法を考えました。

それが今回の「登竜門コース」となります。

登竜門コースとは?

登竜門コースは、展示会に来れないメーカーさんにも、「これぞ自信あり!」というアイテムを1品出展頂きます。

その1品をメーカーさんの代わりに、小売・デザイン・プロモーションの分野で活躍する目利きのみなさんに商品を見て・使ってもらい、率直なレビューをいただき、展示会場とオンラインで発信させて頂きます。

目利きの方が代わりに伝えて頂けることで、展示会場に実際訪れることなくプロモーションが行える手法となります。

画像4

※企画イメージ(前回のオンライン展示会で行った企画実績)

登竜門コースのプロモーション方法

プロモーションの流れはこちらになります。

①会場特設コーナーに展示
30cm×30cm程度の展示台への設置を基本とし、商品がサイズを超える場合は調整します。カタログの設置や動画配信も可能です。※詳細は選定後にご案内します
②展示会HP・配布物に掲載
ブランド・商品情報を掲載。バイヤーへの情報発信を行います。
③大日本市 note 掲載
レビュー内容を記載し、バイヤー・一般ユーザーへの情報発信を行います。
④中川政七商店ECに特設ページ設置し3ヶ月程度販売
工芸・ものづくりへの共感が強いユーザーが多い中川政七商店ECに掲載し、生活者の反応を得ることができます。

特に特徴的なのは、④の中川政七商店ECに特設ページ設置し3ヶ月程度販売できるというポイントです。

展示会だけではなくオンラインでお客様へコミュニケーションを図ることができるチャンスとなっております。

レビュワーをご紹介

今回レビューしてくださる、各分野のプロフェッショナルはこの3名です。

画像1

山田 遊 |バイヤー・キュレーター
東京都出身。南青山の IDÉE SHOPのバイヤーを経て、2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。各種コンペティンション審査員や、教育機関や産地での講演など、多岐に渡り活動。主な仕事に、国立新美術館ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」「 21_21 DESIGNSIGHT SHOP」「GOOD DESIGN STORETOKYO by NOHARA」「made in ピエール・エルメ」「燕三条 工場の祭典」などがある。

画像2

原田 祐馬 |アートディレクター・デザイナー
1979年大阪生まれ。UMA / design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「共に考え、共につくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。グッドデザイン金賞(2016年度)、第51回日本サインデザイン賞最優秀賞(2017年度)など国内外で受賞多数。愛犬の名前はワカメ。

画像3

最所あさみ |Retail Futurist・noteプロデューサー
大手百貨店入社後、ベンチャー企業を経て2017年独立。ニューリテールにまつわるコンサルティングや執筆、コミュニティマネジメント、イベントプロデュースを行う。
またnote有料マガジンを通して独自の考察や海外事例の紹介、小売や店舗を軸にしたコミュニティ運営を行う。2019年7月よりnoteプロデューサーに就任。ブランドや店舗オーナーがnoteを通して発信し、顧客とコミュニケーションをとる活動全般を支援する。

出展のメリット

展示に留まらない複合的なプロモーションが可能です。メリットを3点にまとめました。

①出品者は商品サンプルを送り、目利きの人に使ってもらい情報発信することで、普段と違う切り口で多くの人の目に触れることができます。

②来場バイヤーはお勧め内容を見ながら商品に触れることができ、取引希望があれば出展メーカーに問い合わせが行い、商談につながります。

③会場を訪れずにプロモーションが行えるため、製造等に集中いただけます。また感染リスクを避けることにも繋がります。

スケジュール

出典までのスケジュールはこちらになります。

3月10日 募集締切
3月17日 結果通知
3月29日~ レビュー
5月上旬~8月上旬 中川政七商店EC掲載
5月上旬~6月上旬 大日本市WEB掲載
5月19日~21日 展示期間

出展料と注意事項

出展料:(プロモーション費用):10万円+税

注意事項 :
※展示及び各メディアへ掲載するコメント等は出品者へ確認致しません。
良い評価だけではなく、改善点や指摘が掲載される可能性もありますことご了承ください。
※お送りいただいたサンプル品は原則返品致しません。

図2


Twitterでも情報を発信しておりますのでフォローお願いします

スキありがとうございます!
中川政七商店が運営する事業「大日本市」の公式アカウントです。「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、展示会やイベントの企画などで、日本のつくり手(工芸メーカー)と伝え手(小売店)をつなぐ活動をしています http://www.dainipponichi.jp/