見出し画像

いいものづくりを伝えるために。「全ブランド商品レビュー済み!」のオンライン展示会を開催します

2020年11月11日(水)~12月12日(土)オンラインにて合同展示会大日本市をオンラインにて開催いたします。これまでで最多の60ブランドの工芸ブランドが出展します。

大日本市は「つくり手と伝え手を繋ぐ」をミッションに、日本のものづくりメーカーと小売店バイヤーが出会う場として合同展示会を開催してきました。

今回は初のオンライン開催となります。
三つの企画で「ものづくりの魅力」をお届けします。

企画①「プロの目利き」が楽しめる

今回目玉企画として、各ジャンルのプロの方にブランドの新商品を先行してレビューして頂きました!

画像1

インテリア、アパレル、伝統工芸に詳しいバイヤー様やプロの料理人、フードアドバイザー、地域デザインなど幅広い分野のバイヤー様に新作を実際にに見て触れて、展示会さながらのようにたくさんの新作商品をみくらべてもらい、各商品ごとのレビューを頂いております。

このレビュー内容は、毎週バイイングに役に立つ読み物として更新し、連動してオンライントークイベントも開催いたします!

第一弾はこちらの3名となります。

カリスマバイヤー山田遊が全力審査。日本のものづくり38点、公開レビュー

画像4

バイイングからショップや地域イベントの監修まで、幅広く活躍するカリスマバイヤー、method(メソッド)の山田遊さんが登場。大日本市の出展ブランド全38アイテムを事前審査いただきました。

38アイテムをまずは一挙レビュー!後日後編もございます。

そして、山田遊さんと、今回「これは」と思った商品をつくられた作り手の方々とのトークセッションをオンラインにて行います。

モデレーターにnoteプロデューサー最所あさみさんを迎え、日本のものづくりを今後どう伝えていくかをテーマにもお話をしていきます。

図2

山田遊オンライントークイベント
日時11月17日(火)19時~20時30分
ご予約URL:
https://forms.gle/J1r5bwBJg7wNx8Ro6
※ご予約いただいた方のみ配信のZOOMウェビナーのURLをご登録いただいたメールアドレスにお送りいたします。

世界中から依頼を受けるケトル職人が生んだ琺瑯ケトル

画像5

ユーザーにとっての便利さ、使いやすさを追求することで、これまでにないホーロー製ケトルを生み出した昌栄工業と小泉誠さんにインタビューをさせて頂きました。

ホーロー製ケトルの歴史や、なぜ世界中から依頼が殺到しているのかその秘密に迫ります。

デザイナーである小泉誠さんにも制作における細かな工夫を語っていただいております。

記事では触れることができなかった更なるこだわりやデザインの想いについて深堀するトークイベントを行います。

図2

昭栄工業×小泉誠オンライントークイベント
日時11月18日(水)19時~20時30分
ご予約URL:
https://forms.gle/rSxgQ4NxQZpGJ4xU8
※ご予約いただいた方のみ配信のZOOMウェビナーのURLをご登録いただいたメールアドレスにお送りいたします。

1つ星レストランsioの「おいしい」を支える道具たちを鳥羽シェフが語る

画像6

一つ星レストラン「sio」の鳥羽周作シェフが送る、「おいしい」を支える道具たちについてインタビューを実施させて頂きました。

誰もが「ステイ・ホーム」を余儀なくされた今年の春、「#おうちでsio」というレシピ投稿が大反響をよび、noteの配信でも毎回話題になるsioさん。

2020年9月28日に刊行された『やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio』 (小学館)でも道具について触れて頂いていますが、実際になぜその道具に惹かれ、sioで使われているのか。

道具への愛情はお客様に繋がっていることがわかる記事となっています。sioの「美味しい」秘密を道具から探ってみませんか?

そしてsioの鳥羽シェフにもトークイベントに登壇頂きます!こだわりを持って実際に使用している道具を作った作り手たちも一緒に出演頂き、道具への愛を存分に語っていただきたいと思います!

図2

sio鳥羽シェフオンライントークイベント
日時11月20日(金)19時~20時30分
ご予約URL:
https://forms.gle/WBgBC8WoSVmLuCEd9
※ご予約いただいた方のみ配信のZOOMウェビナーのURLをご登録いただいたメールアドレスにお送りいたします。

毎週豪華ゲストの読み物とトークイベントが発表されますのでお楽しみに!

企画②大日本市運営スタッフが実際に使ってみて、使い心地や感想を届ける

プロの方たちだけでなく、私たち大日本市の運営スタッフも実際に使用してみました。

画像6

いつも展示会では皆様をご案内し、商品の良さをお伝えさせて頂くのですが、オンラインになるとブランドからの特徴しかお伝え出来ないので、より商品選定に大切な使用感などをお届けいたします。

実際に自宅に持ち帰って使用していたり、1週間以上使ったりとよりリアルな意見が確認できるかと思います。

ぜひブランドからの特徴と合わせてご覧ください!

画像7

企画③つくり手の生の声を商品ページや動画で届ける

つくり手の想いを直接バイヤーのみなさんに伝える。これまで大日本市が大切にしていることを、オンライン上でも表現させて頂きたい。

そのために各ブランドに「紹介動画」を作成頂き、動画を見れば商品の情報と作り手の想いが伝わるようになっております。

各それぞれ商品ページに動画がありますので、展示会と同様に作り手の熱い想いをぜひ受け取ってください。

(tesioの紹介動画)

(buntaro紹介動画)

オンライン大日本市での注文方法

この3つの企画をそれぞれご覧いただいたうえで、オンライン大日本市でのご注文方法をお伝えいたします。

まずオンライン大日本市でご購入できるのは、小売店バイヤー様のみとなります。

一般のお客様はご購入はできません。オンライントークイベントなどはご参加できますのでぜひご予約ください。

バイヤーの皆様は、気になる商品がございましたら、「お問い合わせ・資料ダウンロード」の赤いボタンをクリックし、お問い合わせフォームを記載して下さい。

FireShot Capture 155 - 小売店向け卸販売サイト-SLハーフン_ オンライン大日本市大日本市WEB - www.dainipponichi.jp


オンラインでも日本のいいものづくりに出会ってほしい

つくり手の想い、目利きの視点、使った人の声。商品説明とはまた違う3つのアプローチでものづくりの魅力を届けることで、少しでも「つくり手と伝え手を繋ぐ」ことができたらと思います。

毎週記事を更新し、連動してオンライントークイベントも特別開催します。どうぞ併せてお楽しみください。


Twitterでも情報を発信しておりますのでフォローお願いします

スキありがとうございます!
37
中川政七商店が運営する事業「大日本市」の公式アカウントです。「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、展示会やイベントの企画などで、日本のつくり手(工芸メーカー)と伝え手(小売店)をつなぐ活動をしています http://www.dainipponichi.jp/

こちらでもピックアップされています

#お店 記事まとめ
#お店 記事まとめ
  • 1547本

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。