見出し画像

地域の人が喜ぶ店作り~いい伝え手の物語~

大日本市は、日本の「いいもの」と「いい伝え手」をつなぐ活動をしています。

いいものとは、素材・技術・風習に根ざし、今の暮らしに合っている。つくり手がものづくりに誇りを持ち、真摯に向き合っているメーカーが作り出すアイテムです。

良い伝え手とは、ものづくりへの共感があり、作り手と対等なスタンスであり、ものが好きで、その魅力を生活者に提案できる、小売店様になります。

今回は、日本のいいのもを、本屋という枠を超えて、ライフスタイルの提案としてたくさんのお客様にご提案していただいている「TSUTAYA BOOKSTORE 近鉄草津店」を取材させて頂きました。

TSUTAYA BOOKSTORE 近鉄草津店

TSUTAYA BOOKSTORE 近鉄草津店は2019年10月に近鉄百貨店草津店の4Fに開業した店舗。

TSUTAYA BOOKSTORE 近鉄草津店
住所:〒525-8515 滋賀県 草津市渋川1‐1‐50 近鉄百貨店草津 4F
電話番号:077-598-0059
FAX番号:077-598-0064
営業時間:朝 10:00~夜 09:00
駐車場:あり (近鉄百貨店草津店駐車場をご利用下さい。)

“親子の未来を育む場”をコンセプトとして、お子様向けの絵本や児童書、ママ向けの女性誌や育児書などの書籍はもちろん、知育玩具などを中心とにしたキッズ雑貨の品揃えを充実しています。

親子で楽しめるイベントの開催などもあり、“ママ友同士で” “お子様と一緒に” “ご家族みんなで” 楽しめる売り場となっています。

滋賀県草津市は大阪や京都にもアクセスが良く関西のベッドタウンとして注目されているエリア。ご家族連れでご来店される方も多いようです。

オープン以来好評のかもしか道具店

百貨店ということもあり、幅広い年代の方が訪れるなかで、一番お客様にご好評なのがかもしか道具店のアイテム。

ごはん鍋を筆頭になっとうバチ、すりばち、しょうがおろし器など多くのアイテムを取り揃えて頂いております。一番メインの場所に置いていただき、手に取っていただけることが多いそう。

画像2

おうち需要が増える中で、「食卓を楽しくしたい」というかもしか道具店のコンセプトが伝わっていることを感じました。

商品ごとの説明書も置いてくださり、特設のPOPも設置していただくことで接客につながり、地域の方にもリピーターやお買い求めいただいたお客様からのご紹介で販売につながっているようです。

かもしか道具店の小売店様向けご紹介ページはこちら

ふきんコーナーが充実

中川政七商店の代表商品でもあるふきん。こちらを1区画展開していただいています。

画像3

関西でも、大阪、京都、神戸、奈良には直営店を展開させて頂いておりますが、滋賀には中川政七商店がないため、直接見てみたかったというお声も多くいただいております。ギフトボックスまでご用意いただいており、季節限定のふきんも展開を行っていただいております。

生活の道具として欠かせないふきん。お菓子などと組み合わせて贈り物にしていただく方が増えてます。

中川政七商店の卸可能な商品はこちら

この夏好評だった奈良藤枝珈琲焙煎所のカフェオレベース

奈良藤枝珈琲焙煎所は大日本市パートナー企業の1つ。奈良大和郡山市で40年の歴史を持つ会社です。

このカフェオレベースは、一般的なものに比べ、1.2倍の珈琲豆を贅沢に使用したことで、ミルクで薄めても芳醇な香りと味をしっかりと感じることのできる、コーヒー好きの方にも納得していただける一品です。

リピートしていただく方がかなり多いとのことで、手軽に本格的な珈琲がのめるところが人気の秘訣になっているそうです。プレゼントでもらってからファンになっていただいた方も多いとのことでした。

画像4

ギフトにして贈る相手の好みにも合わせて贈っていただけるように、無糖と加糖の2種類のカフェオレベースをご用意しております。

奈良藤枝珈琲の小売店様向けご紹介ページはこちら

提案に困った時助かっています

担当者の平間さんにお話を伺いました。

IMG_平間さん

「大日本市は展示会にも足を運んでおり、そこでメーカーさんの顔をみながら商品一つ一つにどういった思いが込められているか伝わってきます。TSUTAYA BOOKSTOREでは郊外の店舗が多い中で、アイテムを一から取り揃えるのが大変だったりしますが、大日本市さんの各メーカーがいろんな提案があるのでとても助かっています。」とお話を頂きました。

大日本市では1アイテムだけではなく、日本のいいものとして各メーカーを集めてご提案させて頂くことも可能です。

季節の提案でなにか探している、新しい提案が欲しい。という小売店のみなさま、ぜひ大日本市のWEBサイトにて特集を展開しています。

ブランドのことはもちろん、新商品のご案内や、大日本市企画担当者が考える季節のご提案などもりだくさんのWEBサイト、ぜひご覧ください。

※弊社お取引のある小売店様のみのログインとなりますが、ログイン不要でみれるコンテンツも充実しております。

新規でのお取引をご希望の方、ぜひこちらからお問い合わせください。

https://www.dainipponichi.jp/shop/pages/deal.aspx

Twitterでも情報を発信しておりますのでフォローお願いします

スキありがとうございます!
32
中川政七商店が運営する事業「大日本市」の公式アカウントです。「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、展示会やイベントの企画などで、日本のつくり手(工芸メーカー)と伝え手(小売店)をつなぐ活動をしています http://www.dainipponichi.jp/

こちらでもピックアップされています

#お店 記事まとめ
#お店 記事まとめ
  • 1547本

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。