カタリベ大日本市

33
中川政七商店に教えてもらった、日本の工芸品の凄み 〜 僕のイチオシ

中川政七商店に教えてもらった、日本の工芸品の凄み 〜 僕のイチオシ

家事問屋のホットパンに続き、中川政七商店で取り扱っている工芸品の中で僕がデカい太鼓判を押す大好きアイテムを、いくつか紹介させてもらいます。どれもこれも本当に隅々まで考え尽くされている、素晴らしい品ばかり。今日は僕自身が、伝える側にまわります。 ホットパンの記事はこちら かもしか道具店 ごはんの鍋炊飯専用に作られた土鍋。サイズは1合、2合、3合とあります。その日食べるご飯を炊くためなので、大きな土鍋である必要がありません。 この鍋で僕らが「米騒動」として提

54
モノが語りかけてくる声に耳を傾けるということ。

モノが語りかけてくる声に耳を傾けるということ。

連載のように続けてきた大日本市の「プロのカタリベ」企画。ついに(?)最終回をお送りします。 今まで一本一製品で書いてきましたが、今回は試した製品の中で良かったものをご紹介していきます。 (今回はモデルが木村自身なので、ちょっと絵面がわるい写真は公式サイトの写真をお借りしました…!) 大和工房のroom'setta今回試した中で、個人的にもっとも気に入ったもの。それが大和工房のroom'setta(ルーム雪駄)。 読んで字のごとく、室内履きの雪駄です。 その雪駄スタイ

17
うつわで叶える、炊き立て朝ごはんの誘惑

うつわで叶える、炊き立て朝ごはんの誘惑

前回に続き、中川政七商店『大日本市』「プロのかたりべ」としてうつわを使ってみた良さや、私だったらこんな風にコーディネートしたい!という「うつわの魅力の伝え方」についてお話ししたいと思います。 この記事は、中川政七商店が運営する「大日本市」の企画で、 暮らしの道具を実際に使用し、プロのカタリベとして感想を記事にしています。 バイヤー向け展示会「大日本市」のサイトはこちら https://www.dainipponichi.jp/shop/pages/exhibitions20

21
「僕たちは”道具の翻訳家”なんです」自分のための料理道具が見つかる、飯田屋の魅力とは【いいカタリベがいるお店紹介】

「僕たちは”道具の翻訳家”なんです」自分のための料理道具が見つかる、飯田屋の魅力とは【いいカタリベがいるお店紹介】

世界最大級の飲食店用問屋街「かっぱ橋道具街」。そこにマニアックで専門的な道具がぎっしりと並んだ”超”料理道具専門店「飯田屋」があります。そこで店主を務めるのが、6代目の飯田 結太さん。さまざまな料理道具を使い比べて、語り尽くしてきたまさに道具のプロ。 前回の記事では実際に道具を使用して頂き、道具専門店ならではの目線で語って頂きました。今回は、たくさんの道具店が軒を連ねる中、なぜ飯田屋はたくさんの人に支持され愛され続けるのか。その理由について迫りました。 ■前回の記事はこち

79
永く使えるってどういうことだろう?

永く使えるってどういうことだろう?

中川政七商店さんの展示会「大日本市」のコンテンツ「プロのカタリベ」シリーズ連載の第二回をお送りします。 今回は福井県は鯖江市の谷口眼鏡さんが製造する、tesioのARCH プロダクト好きなら、鯖江市がどんなところかご存知でしょう。 行政のHPが…めがね! wikipediaでも 福井県は、眼鏡フレームの生産で日本市場の96%を誇り、鯖江市はその生産の中心を担う。成人式では新成人に眼鏡を配っている。 (wikipediaより) もう知らない人はいないほど眼鏡が有名な

25
頑張っている人をみると、応援したくなる。

頑張っている人をみると、応援したくなる。

前回に引き続き、中川政七商店さんの展示会「大日本市」のコンテンツ「プロのカタリベ」をお送りします。 ご紹介したいのは川東履物商店の「HEPサンダル」です。 HPより その名の由来は映画「ローマの休日」。オードリーヘップバーンがサンダルを着用したことから、ヘップサンダルと呼ばれるようになったそう。 土間や庭先、玄関から商店街、ちょっとしたおでかけ。 ヘップサンダルは、さっと履いて気楽に出かけられる履物として 長年、日本の家庭で親しまれてきました。 川東履物商店は奈良で195

22
明日の自分に、祈りをこめて。心をととのえるための、マイルール。

明日の自分に、祈りをこめて。心をととのえるための、マイルール。

毎日使うものだからこそ、パワーがある。数年前、恋愛で痛手を追い、気持ち的にしんどい時期がありました。今思うと、あんなにクヨクヨしてた自分が信じられないのですが、当時は人生の中でもトップ3に入る大事件!という感じで(笑)落ち込んでいました。 運悪く(?)その出来事が起こったのは、私の誕生日の直前でした。全然ハッピーな気分になれるわけもなく、平静を保つのに必死。仕事をして気分を紛らわせようと忙しくしてみるのですが、家に帰ると気持ちが沈んで、というの日々の繰り返しでした。 そん

61
食パンの概念が変わる、至高のホットパン 〜 僕のイチオシ

食パンの概念が変わる、至高のホットパン 〜 僕のイチオシ

奈良のすき焼き店「㐂つね」は中川政七商店さんの新しい商業施設内に入れていただいています。 中川さんとは最初に会ったときから色々なことをお話させていただきましたが、こんな形で僕らの活躍の場を用意していただけたことに心から感謝しています。 また、中川政七商店さんの「大日本市」という活動に、僕らはとても心を動かされています。これは、優れた工芸品と優れた売り手をつなぐ活動。どんなに良い品でも、伝え手である良い小売店と出会えなければ世に出ていけません。レストランもモノづくりも、最終

149
大人のチャイムには癒やしがあってほしい。

大人のチャイムには癒やしがあってほしい。

澄み切った、清らかな調べ。"おりん"を振ってそっと耳元に近づけると、美しく長く音が広がっていく。このちいさなベルを、わたしの暮らしのチャイムにしよう、と胸をときめかせた。 ****** こんにちは、こんばんは。くりたまきです。 わたしは会社でも副業でも、ライターとして仕事をしています。困っていたのが、時間の管理。会社で書き、家でも書き。仕事と暮らしが一体となっていて、それが楽しい面もありつつ、のんびりする時間をどう満喫するかが課題でした。 そんなときに出会ったのが、京

28
和食器でカワイイはつくれる|青磁と漆器でティータイム

和食器でカワイイはつくれる|青磁と漆器でティータイム

前回に続き、中川政七商店『大日本市』「プロのかたりべ」としてうつわを使ってみてその良さや、私だったらこんな風にコーディネートしたい!という「うつわの魅力の伝え方」についてお話ししたいと思います。 この記事は、中川政七商店が運営する「大日本市」の企画で、 暮らしの道具を実際に使用し、プロのカタリベとして感想を記事にしています。 バイヤー向け展示会「大日本市」のサイトはこちら https://www.dainipponichi.jp/shop/pages/exhibitions

27